自己資金はいくら必要?

自己資金はいくら必要?

サラリーマン大家になるには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

収益用に限らず、不動産を購入するには、不動産売買手数料、手付金、登記費用などの様々な費用がかかります。

通常物件の%前後がその費用にかかるといわれています。

全額自己資金ならともかく、多くの場合は銀行のローンを利用するので、その費用はローン実施前に必要になる場合もあります。

5000万円の物件なら350万円がその費用になります。

5000万円の物件に対して銀行で5000万円借りれたとしても、諸費用は別に350万円かかる計算になります。

銀行により、手数料込みのローンを組める場合もありますが、リスクを考えるとあまりおすすめできません。

自己資金はいくら必要

ほかにも、人に貸すならリフォーム代金もかかる場合もあります。

この金額も案外馬鹿にできない金額になる場合もありますので、自己資金には余裕を持つことが大事になってきます。

サラリーマン大家として副業をめざしているなら、自分が使える金額をきめておき、最低これくらいなら購入できる物件の金額を決めておくことが大事です。

その金額の7%は最低現貯めておきましょう。

もちろん補修費など当てられるので、それ以上有ればそれにこしたことはありません。

結局自己資金が多ければローンの審査が通りやすくなるみたいなので、今働いている場所で、まずはしっかり貯めておくことが大事です。

その間も物件探しの活動をして、不動産に対する目を養うことをやっていきましょう。

条件によりさまざまな物件があり、常日頃からのシミュレーションをしていきましょう。

資金と物件の二つがそろわないと、不動産では儲けることは難しいです。

逆にいえば、きちんと計画すれば、儲けが出やすいのも不動産投資です。

↑ PAGE TOP