賃貸併用住宅も注目

賃貸併用住宅も注目

賃貸併用住宅というのは、大家さんがその物件に住みながら、そのうちの一部屋や二部屋を人に貸すことができる住宅です。

賃貸併用住宅というのは、様々なメリットがあります。もちろんデメリットもあります。

ここでは賃貸併用住宅のメリットとデメリットについて書いていきます。

メリット

1,住宅ローンが使える。

普通賃貸用の物件では、アパートローンなどの事業用のローンを組むことが多いのですが、賃貸併用住宅では自宅扱いなので金利が安い住宅ローンが使えます。

2、家賃収入をローン返済に当てられる。

入居者さえ決まれば、家賃収入がはいります。それをそのままローンに当てることができます。家賃収入が多ければ収入が増えます。

3 賃貸併用住宅は大きい。

賃貸併用住宅は、人に貸すことを前提にしてますので、普通より大きいです。

ローンが終われば、そのまま資産になります。屋根も大きいので太陽光発電もおきやすく売電も可能となっています。

4 老後も安心

大家さんがいくつになっても、入居者さえいれば、家賃収入がはいります。

5 住宅ローン控除を受けられる。

サラリーマンなどの給与取得者が住宅ローンを組んだ場合は、その借り入れ残高の1%が税額から控除されます。

賃貸併用住宅の場合は、金額も普通の住宅より高くなるので、還付金もそれだけ大きくなります。

それに伴い、住民税なども安くなっていきます。

6 生命保険代わりになる。

普通の住宅ローンの場合も団体生命保険にはいり、万が一ご主人に何か合った場合ローンはなくなるのですが、賃貸併用住宅の場合も同じで、万が一の場合ローンはなくなります、しかし家賃収入はそのまま残った人に入ります。

7 住宅の原価償却費を計上できる。

見かけ上ですが、住宅の原価償却費を計上できるので見かけ上収入を減らすことができる。

デメリット

1 賃貸併用住宅を作るにしても費用がたかくなる。なにより圧倒的に中古物件が市場に出にくい。

2 大家が住んでいるので、入居者が敬遠しやすい。 空室リスクがある。

3 大家と入居者とのコミュニケーションをとらないといけない。など

どんなものにもメリットとデメリットあります。

賃貸併用住宅は、狙い目は狙い目です、物件だけでなくいろいろな条件も比較検討することが大事です。

↑ PAGE TOP