物件選びのポイント

物件選びのポイント

物件選びのポイント

サラリーマン大家にとっての良い物件とはなんでしょうか

単純いえば、それは、あまり初期投資がかからず、投資に見合った金額を回収ができるものになるでしょう。

いろいろな条件が思い浮かびますが、ここでは、代表的な条件をかいていこうと思います。

1 中古物件である

人に貸す事を考えると新築の方がよさそうと思いますが、新築はいろいろな宣伝やパンフレットなどいろいろな経費がかかっています。

新築物件購入したといっても数年たつと中古になりますので、綺麗な中古物件の方が安く購入することができます。

また中古物件になると、売り主と買い主との交渉になりますので、初期投資を抑えることがきます。

但しあまり古い物件になると、リフォーム代がかかる場合もあります。

2 東京大阪などの大都市圏

空室リスクはつきものですから、人の多い都市圏の方が人も多く空室リスクを軽減できます。

また、賃貸をやめて物件を販売する場合も買い主を見つけやすい。

3 ワンルームが狙い目

家族向けでは、長期にわたり借りてくれるので収入とした場合に安定収入となります。ただし長期になるので出て行った後のリフォームが必要になります。

子供が居るか居ないかなど条件がかわりますが、経年劣化もあるので、それなりにかかります。

ワンルームで、短い期間の人を対象にすると経年変化もある程度抑えることができます。

場所さえ良ければ、物件自体の価格の上昇も見込めます。

いろいろな考えもあるのでここに書いていることが、絶対的なものでは有りません。

ご自身でよく考えて条件をつけて、物件を探していきましょう。

↑ PAGE TOP